帯電防止

帯電防止

静電気による材料付着や引火、粉塵爆発などを未然に防ぐ

帯電防止コーティングはフッ素樹脂に導電材料を添加してフッ素樹脂被膜を形成します。 帯電している静電気は被膜を通過して金属基材に逃がし、静電気によって引き起こされる材料の付着や、有機溶剤などの引火、または粉塵爆発などを未然に防ぐ事ができるコーティングです。 導電性(表面抵抗、体積抵抗)は105~109(Ω・cm)まで低くして静電気を逃がしやすくしてあります。
※耐食性が必要な場合は、下地層に絶縁層を設けて導通テスターによりピンホールがない事を事前に確認します。厚膜耐食ライニングと変わらない耐薬品性、耐食性を得られますので、より安全にご使用になれます。

フッ素樹脂コーティングしていない場合の問題点

フッ素樹脂コーティングしていない場合の帯電防止の問題点として次のようなことが掲げられます。

  1. 静電気の発生による引火の危険性
  2. 静電気による異物・コンタミの混入

フッ素樹脂コーティングの事例とその効果

フッ素樹脂コーティングにより、様々な帯電防止に関する効果・改善が期待出来ます。

トナー不着防止、離型性、付着防止

フッ素樹脂コーティング後のトータルでのメリット

帯電防止を考え、フッ素樹脂コーティングにを施すことにより、全体で次のようなメリットを得ることが出来ます。

フッ素樹脂コーティングの対応表

フッ素樹脂コーティングの対応表
コーティング・ライニング受託加工
モールドライニング配管
フッ素樹脂 厚膜焼付ライニング
フッ素樹脂コーティング TC シリーズ
フッ素系超薄膜コート MX-031
セラミックコーティング Siシリーズ
製造販売
グラスライニング製品
FK ボールバルブ
PTFE モールド加工品
その他のサービス
トータルソリューションサービス
電解砥粒研磨
会社案内
会社概要
個人情報保護方針
資料ダウンロード
資料一覧
表面処理・コーティング|帯電防止